神田うの旦那の年収は1憶円超え!パチンコ店以外でも事業を展開!

神田うの旦那

神田うのさんと言えば、結婚式を9回も行ったことで話題になりました。

海外ウェディングは7回。

そんな贅沢を叶えてあげられる旦那さんの年収が気になったのでまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

神田うの旦那は西村拓郎

神田うのさんの旦那・西村拓郎さんは、不動産開発企業「日拓観光」の社長・西村昭孝さんの長男として生まれました。

1992年日拓グループ取締役社長室長に就任
1994年日拓グループ常務取締役に就任
1997年日拓グループ取締役副社長に就任
2000年社団法人東京青年会議所理事(事業室長)に就任
2003年日拓グループ代表取締役社長に就任
2006・2007年交際8年間を経て、神田うのと婚約し、挙式
2007年日本青年会議所アミューズメント部会長に就任
2011年長女が誕生
2012年社団法人日本遊技業関連事業協会理事に就任
2020年8月一般社団法人日本遊技業関連事業協会会長に就任
2020年11月脳梗塞発症
2022年東京都内ホテルで完全復帰の会見を行う

学生時代は、高校生と大学生の期間はアメリカに留学しています。1980年代当時、これだけ長期の間留学とても珍しいことでした。

神田うの旦那の年収は1憶円超え!

神田うのさんの旦那・西村拓郎さんの年収は調べてみましたが正式には公表されていませんでした。

ですが、西村拓郎さんが社長を務める日拓グループの決算情報がありましたので、そこから推測してみます。

グループ全体の売上なのでパチンコ事業だけの売上ではないのですが、仮に売上高を1000憶円として、調べたところ従業員が700人弱の場合、おおよそ純利益は100憶から200憶円になるのではないかと考える事ができます。

根拠としては、

・一般的に営業利益は、約10%から20%程度になることが多い
・従業員1人あたりの売上高は、約1420万円(1000憶円÷700人)で仮計算

営業利益率が10%とすると、売上高1000憶円から100憶円の営業利益が得られ、純利益は約90億円となります。

営業利益が20%と考えると、売上高1000憶円から200憶円の営業利益が得られ、純利益は180憶円と計算することができますが、この数字はあくまでも一般的な目安で、

実際の純利益額は、業種や業界、経営状況などによって大きく異なります。

あくまで、予想にはなりますが、純利益が100憶円から200憶円あるとすると、社長である西村拓郎さんの年収は1憶円以上だと考えてよさそうです。

神田うの旦那はパチンコ以外の事業も行っていた

日拓グループは、パチンコ以外にも事業を行っていました。

・日拓ホーム株式会社
・日拓不動産株式会社
・日拓リアルエステート株式会社
・日拓プロパティ株式会社
・日拓トラスト株式会社
・日拓キャピタル株式会社

引用元:https://www.nittaku.jp/

事業内容を調べてみると、

都心立地型商業不動産事業の収益を基盤とした「都心立地型大衆レジャー・サービス業」
1.商業不動産開発業
1.貸しビル業
1.パチンコ・スロット
1.アミューズメント事業

引用元:https://www.nittaku.jp/

たくさんの事業をされている事がわかります。

まとめ

神田うの旦那・西村拓郎の年収についてまとめてきました。

・西村拓郎さんの年収は1憶円以上と推測
・パチンコ以外にも複数の事業を展開

結婚式を9回もするなんて、想像もできない世界ですね。

毎回招待の声がかかる人とかいなかったのでしょうか。

お祝儀がたくさん必要になるから、招待状が届くのが私なら怖いかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

目次